「希発月経」「頻発月経」について

体温計と基礎体温表

正常月経の場合、月経開始日から次の月経開始日までが25から38日周期で起こります。
この周期が24日以内の場合、頻発月経と呼ばれます。
逆に39日以上の場合を希発月経といいます。
これとは別に3か月以上月経がない場合は無月経と呼ばれます。

希発月経、頻発月経とも排卵性と無排卵性があります。
排卵性である場合、卵子が作られているため問題ありませんが、無排卵性の場合は不妊症となる場合があるので気をつけなくてはなりません。

排卵しているかどうかは、基礎体温をつけることでわかります。
グラフ化するとより明確にわかります。
1から2周期の基礎体温をつけてみましょう。

思春期や更年期の場合、ホルモンバランスが崩れやすく希発月経や頻発月経になることがあります。
また、過度なダイエットや精神的ストレス等でも起こります。

希発月経と頻発月経は、不妊症の原因となる場合や子宮筋腫といった他の病気が原因である可能性があるため、医療機関の受診が必要です。

原因を調べる検査としては、ホルモン検査・内分泌検査・エコー検査・基礎体温検査などがあります。
しばらく様子を見ようとなかなか病院を受診しないでいると、治りにくい場合がありますので積極的に受診し、治療を開始しましょう。