更年期障害を乗り切るにはエチニルエストラジオール

更年期障害は、閉経が近づくにつれ女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減少することによって起こる、様々な体の症状のことです。

40~50歳の女性にみられ、身体的症状だけではなく精神症状も現れます。

主な症状としては動悸、ほてり、頭痛、めまい、不眠、疲労感など自律神経失調症のような症状が出現します。
下痢や便秘を繰り返したり、関節痛や筋肉痛を訴えることもあります。

精神症状として、情緒不安定(イライラ、抑うつ気分、ヒステリー)などの症状が現れ、自分ではコントロールできない状態が続くのです。

そのため、更年期障害を抱えている本人だけではなく、周りの家族までもが辛い思いをするため、できるだけ症状を抑えることが望まれます。

近年、更年期障害は閉経前の女性に限らず、若い女性や男性にも見られることがあり、ホルモン療法をはじめとする様々な治療法が進んでいます。

不足したエストロゲンを補うために、『エチニルエストラジオール』というお薬があります。
エストロゲンを補充することによって、更年期障害による様々な症状を抑えることができます。

エチニルエストラジオールは、通販でも購入することができますが、必ず医師の診断を受けて、副作用の有無などを経過観察する必要があります。

更年期障害を乗り切るには、病院での治療だけではなく家族や友人のサポートが不可欠です。
病気や本人の症状を理解し、一緒に乗り越えていくことが大切です。