乳がん治療にはエチニルエストラジオール

エチニルエストラジオールは女性ホルモンを促す薬の一種です。
乳がんとは女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)の影響をうけて大きくなります。

そのため乳がん治療には女性ホルモンを低下させたり、阻害させたりする薬の投与が行われています。
しかし、長期間内分泌療法を繰り返すことで治療効果が得られなくなる患者さんも存在しています。

このように内分泌治療に無効になってしまった閉経後乳がん患者に対して低用量のエストロゲン療法が有効であると研究発表されました。
この薬エチニルエストラジオールは性腺刺激ホルモンの分泌を抑制することで内因性エストロゲン濃度を低下させると考えられています。

その結果、腫瘍の勢いがなくなり症状がおさまります。
通常、閉経後のホルモン依存性乳がん患者に対してはエストロゲン枯渇療法が標準治療となっています。

しかし、長期間のこの療法で効果が得られなかった事例も多くありました。
このような療法が無効になってしまった閉経後乳がん患者に対しては、低用量エストロゲン療法が有効だとされているのです。
しかし、なぜ有効なのかはまだ全てが解明されているわけではありません。
今後さらに症例を蓄積して低用量エストロゲン療法が有効な治療法であることが証明される日もそう遠くではないでしょう。