ピルに含まれる有効成分

現在はこの日本でもピルを服用している人が非常に多くなりました。
この薬を服用する目的は、避妊に限ったものではありません。
生理時の痛みを軽減することができるほか、肌荒れや生理の周期を整えるという効果もあるのです。

ピルの成分はエストロゲンとプロゲステロンです。
これらの有効成分が排卵や妊娠のシステムをコントロールすることで体調管理を行い、脳の視床下部や下垂体に作用して疑似的な妊娠状態を作り出すのです。
その結果、妊娠を防ぐことが可能になります。

またこれを服用すれば、子宮の入り口の子宮頸管の粘液を濃くすることができるため精子が子宮に入り込むことを防ぐことができます。
そしてもしも受精をしても子宮内膜の増殖を抑えることで、受精卵の着床を防ぎ妊娠をしないようにすることが可能になるのです。

ピルの避妊率は非常に高く、コンドームよりも確実な効果を得ることができます。
コンドームは男性任せの避妊になりがちですが、ピルは女性が主体となってできるものであるため望まない妊娠やそれに伴う中絶手術等を防ぐという効果もあります。

ピルは擬似的な妊娠状態を作り出すため、場合によっては吐き気や不正出血をいったつわりの様な症状が出る場合もあります。