ピルで太ることはほとんどないが稀に体重増加も

体重計に乗って嘆いている女性

避妊薬としてだけでなく、様々な場面でピルは処方されています。

服用する事で、子宮内膜が厚くなり過ぎる前に生理が起こります。
すると月経量が減り、子宮の収縮も抑えられるので、生理痛も緩和するのです。
子宮内膜が厚くならないので、子宮内膜症の予防や改善にも、処方されるケースは少なくありません。
また、生理前にイライラする・強い不安感を感じるといった、PMSの症状を改善する効果もピルには期待できます。

女性ホルモンのバランスが崩れて起こる、ニキビの改善にも有効です。
このように、避妊だけではなく女性が感じやすい不調を改善してくれるのが、ピルの大きな効果となっています。
ただ、「ピルを服用すると太る」という、ウワサを聞いた事のある方も、多いのではないでしょうか。

服用で太ってしまうと、女性としてはやはり気になる所です。
結論から言うと、低用量の場合太る心配はありません。
中用量以上の場合、女性ホルモンのバランスが大きく変わってしまいます。
特にピルに含まれる「エストロゲン」という女性ホルモンは、丸みを帯びた女性らしいボディラインを作るホルモンと言われています。

服用で急激に女性ホルモンのバランスが変わる事で、食事の量が増え、太ってしまうケースも考えられます。
しかし、これは高用量・中用量の場合起こる副作用です。
低用量の場合、エストロゲンの配合も高用量・中用量よりも少ないので、食欲増進などは感じにくいでしょう。

ですので、低用量ピルであれば太る心配はほとんどなく、服用する事が可能です。
もし、食欲増進や体のむくみといった副作用が大きく出た場合、体質に合っていない恐れがあります。
このような時は、医師に相談して他のピルを処方してもらうなどして、対処しましょう。