トリキュラーの効果と作用について

トリキュラーの箱

トリキュラーは、自然なホルモン分泌パターンに似せて薬の総含有量を低く抑えた段階型三相性の低用量ピルで、成分であるレボノルゲストレルとエチニルエストラジオールが配合されています。
トリキュラーは1960年代前半に安全性、確実性が認められた製剤として導入されたピルの一つで、トリキュラーは日本では広く普及している低用量ピルです。

主に排卵を抑え、子宮内膜変化による着床を抑え、頸管膜変化により精子通過を阻害して避妊効果が期待できるピルです。
トリキュラーは、卵胞ホルモン配合量は21日間同一ですが、黄体ホルモンの配合量が6日から5日、10日と3段階に多くなります。

トリキュラーは、前半に不要の黄体ホルモンを極力少なくして自然のホルモン分泌と真似ることで、高い避妊効果を維持しつつ1周期あたりの有量を低減させます。
トリキュラーは確実に避妊できる限界までホルモン量を下げている為、他のホルモン剤と比べ副作用が少ないことで有名な低用量ピルの一つです。

効果としては、黄体ホルモン作用および卵胞ホルモン作用により排卵を抑える作用が見られる点です。子宮内膜変化により着床を抑え、頚管粘膜変化により精子通過を阻害するので通常は避妊に用いられます。
トリキュラーは、他の低用量ピルと同じく、飲み忘れなくしっかり服用しないと、きちんとした避妊効果がでません。
医薬品がネットで購入出来るようになった今、海外医薬品を個人輸入する人も増えました。クリニックで処方してもらえば、安全確実にトリキュラーを手に入れることができますが、避妊 値段は、その高い価格がネックです。
そのため、安く手に入れる方法として個人輸入が紹介されているのです。
しかし、手軽に医薬品が買える今、自分でもその中身をよく調べる必要があります。避妊ピルを必要とする人は特にその安全性をしっかりと確かめる必要があるのです。

トリキュラーの作用機序

ピルを飲んでいる女性

トリキュラーとは、避妊への効果が期待できる低用量ピルとして承認されており、日本で最も人気のあるピルの一つです。
ドイツの大手製薬会社である「バイエル社」が製造販売しています。

自然なホルモン分泌パターンに類似させて薬のホルモンの量を抑えるという特徴を持つ、用途が3つに分かれている三相性のピルです。
トリキュラー 効果は、卵胞ホルモン(エスチルエストラジオール)と黄体ホルモン(レボノルゲストレル)の働きによって避妊効果が期待できます。

トリキュラーを服用するメリットには、正しく服用すれば100%に近い確率で避妊効果を得られるということがあります。
服用することで次の3つの働きをします。

【1】一つ目は、二つのホルモンが脳下垂体に働きかけ、その結果として排卵が起こらなくなります。

【2】子宮内膜を厚くしないようにすることで受精卵を着床させにくくし、更には子宮頚管の粘膜を変化させて精子を子宮に入りづらくさせます。

【3】薬によって体に負担をかけることなくホルモンバランスを変えることができます。

この薬の効果は避妊だけではありません。
服用することによって生理周期をコントロールすることができます。
生理不順の方でもちゃんと生理周期を整えることができます。
生理がいつ来るのかが分かるので、毎月のスケジュールを立てやすくなりますし、旅行などで生理が来たら困るような場合には、トリキュラーで生理を簡単にずらすことができます。

生理に関しては、周期だけでなく生理痛の軽減や出血量の現象で貧血を解消するなどの効果も期待できるので、女性にとってはとても嬉しいピルであると言えます。
また、ピルを使うと女性ホルモンの量に影響してきますので、お肌のケアも手を抜くわけにはいきません。

月経の周期がずれる原因

生理用ナプキン

女性には男性にはない月経があり、通常は毎月訪れるものです。
生理周期が順調でほとんどずれないという場合もあれば、月経が順調ではなく、周期がずれるという人もまた少なくありません。
月経の周期がずれる原因としては、排卵が早まったり遅れたりすることでずれることがあります。
さらに、ストレスも健康に影響が出やすいもので心因的なストレスがかかっている場合にも周期がずれてしまう場合もあります。
周期がずれる場合も、数日程度なら問題はないと言えますが、1ヵ月に2回、3回など頻繁にある場合や長期に生理が来ない、さらに月経が8日以上など長期に続く、さらに短期間に終わってしまうという場合は、治療が必要になる場合もありますので医療機関に相談してみるのも良いでしょう。
生理が乱れがちという方は基礎体温などもつけておくとより健康管理がしやすくなります。

それから、過激なダイエットなども生理の周期を乱してしまう原因となりますので、無理のない範囲で行っていきましょう。
さらに生理が遅れる原因としては妊娠の可能性もありますので、心当りがある場合は検査薬などで確認するという方法もあります。
さらに体がまだ成熟していない思春期や、閉経が近い更年期にも月経の周期が乱れやすくなります。
最近では生理周期を計算しておおよその生理日を出してくれるアプリなどもありますので、生理周期のことで気になる方は使用してみるとよろしいです。